バレエの姿勢

2021年03月12日 18:22
カテゴリ:LessonBlog

こんにちは☆
今回はバレエの立ち方,姿勢についてお話しします。
バレエをやっている人が何故姿勢がいいのか、姿勢が良くなりたい方必見です!


まず6番ポジション,パラレル(つま先と膝の向きが正面を向く)にして腕は体の横にして立ちます。
・骨盤が水平になっているか
・両脚均等に重心を置けているか
・つま先と膝の向きが揃っているか
を確認します。

次に踵の所に尾骶骨が来るように立ちます。
それから背骨を上に引っ張るように立ちます。
腕は息を吸って肘を横に張るようにします。
・脚の付け根が折れていないか
・お腹(肋骨部分)が開いていないか
・首が前に出ていないか
確認します。

身体の中に1本の軸(線)が
通るようなイメージで立ちます。
操り人形になったつもりで
上と下に引っ張られている様な感覚で。

魚の塩焼きの様にクネクネしていると
身体を痛めたり集中力が切れやすくなったり
バレエの動きにも影響が出てきます。


この姿勢を保ったまま
足のポジションを変えていきます。
足のポジションを変える時も
上の事を意識して変えてみてください。


Ballet Studio Stella☆

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)